神前式が注目されている | 日本古来の神前式で結婚式を。厳粛な雰囲気を楽しみましょう。

日本古来の神前式で結婚式を。厳粛な雰囲気を楽しみましょう。

式の風景

神前式が注目されている

神前式とは、神社で行われる結婚式です。とはいえ、その歴史は、けして古いものではありません。一説には、100年ほど前から、定着し始めたともいわれています。当時、まだ皇太子だった、大正天皇の結婚式が、神前式のモデルとなったようです。戦後になると、キリスト教風の結婚式が増え始め、神父や牧師さんを呼んで、結婚式を挙げる新郎新婦も増えてきました。ところが、最近になって、神社で行われる神前式も、じょじょに注目されるようになってきたようです。
神前式は、日本各地の神社で行われています。世界遺産として知られる京都の下鴨神社や、広島の厳島神社など、観光名所となっている神社でも、神前式を挙げることができます。
ただし、神社での結婚式となると、ホテルのように、着替えや控え室などの設備が完備されているわけではありません。また、民間の結婚式場と違って、ブライダル業者が神社に日常的に出入りしているケースも少ないようです。ホテルや結婚式場なら、ブライダル業者との打ち合わせもスムーズに行えますが、神社で神前式を挙げる場合は、ブライダル業者の確認が必要となる場合もあります。
神前式には、さまざまなしきたりがあるのが、洋風の結婚式との違いかもしれません。また、ホテルや民間の結婚式場と違って、神社に謝礼を用意するのも一般的となっています。神社で神前式を挙げる場合には、そうしたしきたりや、謝礼の確認も必要となります。