スタイルが多様化する結婚式 | 日本古来の神前式で結婚式を。厳粛な雰囲気を楽しみましょう。

日本古来の神前式で結婚式を。厳粛な雰囲気を楽しみましょう。

手を繋いでいる

スタイルが多様化する結婚式

戦後になり、日本の結婚式も、スタイルが多様化してきました。神社で挙げる神前式のほかにも、民間の結婚式場やホテルで挙げる教会式や、出席者の前で愛を誓う人前式なども、増えています。また、式を挙げずに、写真撮影だけを行うフォトウェディングも、最近では人気となっています。こうした結婚式のスタイルは、新郎新婦や家族の考え方、また予算によっても、異なってくるようです。

神前式と教会式では、結婚式の形式やしきたりも異なります。神前式では、新郎新婦と親戚縁者は、神主さんのお払いを受けたり、祝詞奏上、三三九度の盃でお神酒を酌み交わすなどのしきたりが定められています。一方、ホテルや民間の結婚式場で行われる結婚式には、こうしたしきたりは、あまりありません。

また、神前式は、出席者が親戚縁者ら少人数であるのが一般的なのに対して、ホテルや民間の結婚式場で行われる結婚式は、出席者数の決まりもあまりないようです。そのため、神前式の場合となると、会場を変えて披露宴を行い、職場の人や友人らに結婚を報告するのが一般的です。また、神社では、観光客や参拝者も訪れるため、神前式の時間も限られてくることにも注意が必要です。着替えなども、滞りなく行う必要があります。

ホテルや民間の結婚式場で行われる結婚式であれば、結婚式の写真撮影も、許可は必要ありません。ところが、神社の神前式の場合、写真撮影にも神社の許可が必要な場合があります。結婚式のスタイルによって、注意点も異なるのです。