日本古来の神前式で結婚式を。厳粛な雰囲気を楽しみましょう。

お辞儀

記事一覧

「日本古来の神前式で結婚式を。厳粛な雰囲気を楽しみましょう。」の記事一覧です。

>> 記事の一覧ページへ <<
手を繋いでいる

スタイルが多様化する結婚式

日本の結婚式もスタイルが非常に多様化しました。神社で挙げる神前式、ホテルで挙式するチャペル式、出席者の前で愛を誓う人前式など、さまざまな種類があるので、自分たちの思い出になりそうなものを選ぶことが大事です。

>> スタイルが多様化する結婚式の記事を読む <<
紅葉の画像

神前式のメリットとは

神前式にはいくつかのメリットがあります。たとえば、普段なかなか着ることのない紋付き袴や、白無垢といった衣装で結婚式を挙げることができること、思い出の場所が消えてしまったり移転することがないといったことなどです。

>> 神前式のメリットとはの記事を読む <<
新郎新婦

神前式は日本古来の結婚式

神前式は日本古来の結婚式とよばれています。神前式は、その名の通り、神社で挙げる結婚式のことをいいます。神前式では、新郎は紋付はかま、新婦は白無垢などの着物で臨むことが一般的となっています。神前式では、新郎新婦は、神様に結婚の誓いをすることになります。
神社で挙げる神前式は、東京都内の神社でも、じょじょに増えているようです。たとえば、東京を代表する神社である、浅草神社や神田明神、湯島天満宮などでも神前式が行われています。また、神前式での結婚式は、けして神社でしか行えないわけではありません。東京都内のホテルでは、神殿を備え、神前式が挙げられるようになっているホテルも少なくありません。ホテルで神前式を挙げる場合は、ホテルに神主さんをお招きして、結婚式を挙げることになります。
ただし、神前式には、多くのしきたりがあるため、注意も必要です。たとえば、神前式では、席次があらかじめ決まっています。このほかにも、修跋の儀と呼ばれる拝礼や、祝詞奏上、三々九度などのしきたりが、決まっています。ただ、こうしたしきたりは、神社でも教えてくれるので、不安になることはありません。
神前式では、通常、新郎は紋付はかま、新婦は白無垢で行われます。新郎新婦がこうした和装を用意できなくても、最近では、レンタルの業者も増えています。一方、出席者は、和装でなくともかまいません。

式の風景

神前式が注目されている

神前式は神社で行われる結婚式で、およそ100年ほど前から定着し始めました。現代ではチャペル式の結婚式が非常に多いですが、近年になって著名人の方々が神前式で挙式するようになり、神前式が見直されているのです。

>> 神前式が注目されているの記事を読む <<